お知らせ

開催のご案内

開催のご挨拶

 この度、2018年度BMFSA第31回年次大会が、金沢工業大学学扇が丘キャンパスで開催されることとなりました。日本海側での開催としては、2004年の第17回年次大会(鳥取大学)に次いで2回目となります。 金沢工業大学は、1957年の北陸電波学校の開校に源を発し、1965年に開学されました。現在では工学部、情報フロンティア学部、建築学部、バイオ・化学部の4学部12学科を擁する理工系総合大学です。この度BMFSA年次大会開催地に選んでいただいたことに厚く御礼申し上げます。
 金沢は古くから加賀百万石の城下町として発展してきました。江戸時代には江戸、大坂、京都に次ぐ大都市であったといわれ、城下町の風情を今も残す歴史と文化の街です。街の中心には風光明媚な兼六園や金沢城公園があり、さらに武家屋敷、茶屋街にも足を伸ばすことができます。金沢は古きものと近代的な施設が調和した街でもあります。2015年には待望の北陸新幹線が金沢まで開通しました。東京までの時間的な短縮はもちろん、心理的な意味でも首都圏に大きく近づいたという印象をもちました。そのインパクトは計り知れず、いろいろな面で様変わりが始まるのかもしれません。
 さて、バイオメディカル・ファジィ・システム学会では、医療、健康、福祉、人間生活、感性・感情などの領域において、ハード、ソフトの両面からユニークで多様な講演がおこなわれます。皆様の研究成果の発表と討論、情報提供、会員相互の交流等に大いに期待したいと思います。また北陸の豊かな自然、そして歴史と文化の香り高い金沢の街をお楽しみください。
 多くの皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

バイオメディカル・ファジィ・システム学会第31回年次大会
大会長 大藪 又茂

日程・会場

開催期間:平成30年11月3日(土)、4日(日)
会場:金沢工業大学 扇が丘キャンパス
住所:石川県野々市市扇が丘7-1

扇が丘キャンパス アクセス




連絡先

大会長: 大藪 又茂(金沢工業大学)
プログラム委員長:上江洲 弘明(金沢工業大学)
アドバイザ委員会:藪内 賢之(下関市立大学)

bmfsa2018「★」bmfsa.org
       「★」を@に変更して下さい。


更新履歴

2018/5/14
 BMFSA2018のホームページを作成しました。